【絶品】ペルー料理のセビーチェを作る!!

料理情報

こんにちは。

皆さん、セビーチェって聞いたことありますか?

僕は、34年の人生で一度も耳にしたことのない料理です。
とゆうのも先日、カルディに行った際に気になったのでビーチェの素となるものを買ってみました。

買った後でわかったのですが、ペルーでは代表的な料理みたいです。
ペルーと言えば、マチュピチュやナスカの地上絵などで世界的にも有名な国でよね!!
有名な国の代表的な料理であれば確実においしいはずです(;´Д`)

そんなことで、今回はセビーチェの素を使ってセビーチェを作ってみました。
調理方法や味の感想をなどお話していきます。

では、早速いきましょう!!

セビーチェとは

セビーチェは簡単に言うと魚介類のマリネです。
ペルーの名物料理でセビチェと呼ばれることもあるそうです。

生の魚を1-2cm角くらいに切り、みじん切りにしたタマネギとトマトを加え、レモンを絞って混ぜ合わせ塩で味を整えて完成です。
シラントロやパセリ、オレガノなどの香草や唐辛子を好みで加えたり、オリーブオイルを加えることもあるそうで、ペルーの地域によっても若干味が違います。

セビーチェの素

はい!!

こちらが今回使ったセビーチェの素です。
値段としては一袋128円程です。

なんか、すごい手抜き感が半端ないのですが、こちらのセビーチェの元に、シーフードミックスを入れて完成と超簡単です(楽してごめんなさい泣)

裏面にしっかりと説明が書いてあるのでこの通りに作っていきます!!

作り方

まずはシーフードミックスの用意!!

次にこのシーフードミックスをボイルしていきます!!

ピントがシーフードミックスじゃなくてキティちゃんにあってる( ノД`)

ボイルしたら冷水で冷ましてキッチンペーパーなどで水気を取ります。

水気を十分に取ったら、器に入れオリーブオイルをかけます。

オリーブオイルを混ぜ合わせ、セビーチェの素をかければ完成です!!

超簡単です(*’▽’)

完成品がこちら↓

色合いがあまりよくないので、カットしたプチトマトなんかを入れると見た目もよくなるかと思います。

そして、調理時間は5分程度でしょうか。
すっごく簡単に作ることができました。

僕は、自分で作る前にまずはどういった味なのか知り、好みの味であれば自分で作るというスタイルでいつも料理をしています。
たいていの物であれば、予想はつくのでいいのですが、初めて耳にする料理などは予想ができないのでお試しで作ってみることが多いです。
一度食べてみないとベースの味もわからないし、分からないまま作った結果好みの味ではなかった時は半端ない絶望感がありますよね笑

では、次に実際に食べた感想にいきましょう。

食べてみた感想

酸味があり、食欲がない夏でもさっぱりと食べられる料理で非常においしかったです。
主食としてではなく、お酒のお供として力を発揮する一品かなと個人的には思いました。
その為、ビールはもちろんですが、白ワインなどと合わせると最強ですね。


味のベースとしてはほぼマリネと同じで酸味が強く、独特の香草の香りがします。
味としては塩がベースなので、複雑なものが入ってない分食材の味がしっかりと楽しめる料理です。
今回はシーフードミックスを使いましたが、生の魚介類を使って作るセビーチェはびっくりするほどおいしく作ることができると思います。

セビーチェの素とシーフードミックスでも十分おいしかったのですが、もっとおいしく作れると思いますので、今度は1から作ってみます。
その際には白ワインも用意しておこう(‘◇’)ゞ

マリネとの違いについて

少し気になった方もいるかと思いましたのでマリネ、セビーチェ、カルパッチョの違いについてお話しします。
マリネとはマリネ液と呼ばれるつけ汁に食材を漬ける調理や料理法の事を言います。
その為。マリネと言う料理名は存在しません。

要するに、マリネは調理法、セビーチェやカルパッチョは料理名と言うわけなんです。
僕もよくわかってなかったので、これでまた一つ料理に詳しくなりました(*^_^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
見たこともない、聞いたこともない料理って興味が出てこないでしょうか。
他にも世界には沢山の料理があるので、定期的に紹介していけたらとも思っています!!

また、先ほどもお伝えした通り、自分の好みの味かどうかは分からないので、まずはお試しにでも食べてみてから作る事をオススメします。

ここまで読んでくださいましてありがとうございます。
毎日の食卓を楽しく!!ハッピーライフにしていきましょう(*´з`)




コメント

タイトルとURLをコピーしました