もう一人で悩まないで!!!ブラック企業から抜け出す為の方法6選

番外編

こんにちは。

今回は、ブラック企業に入ってしまい、抜け出すことが困難になってしまった僕のような人に情報を発信出来たらと思います。
ちなみに、いつもは料理の事を記事にしているのですが、たまには違った話もいいかなと思い、僕が実際に体験した事などお伝えしていきます。

さて、早速ですが結論からお伝えすると、辞めたいと思った時は何があっても辞めると決める事です!!

え??普通の事じゃない?と思いましたか?

そうなんです!!本当にごく普通の事なんです。

ただ、僕もそうだったのですが、退職したいと伝えても、うまくコントロールされて結局退職できずにズルズルと毎日を過ごしていました。

そんなあなたに念の為もう1度言いますよ!!

何があっても辞めるです。

では、なぜ当たり前の事なのに2回も同じこと言ったのかを僕の体験談も交えてお話ししていきます。

僕はブラック企業に約5年間勤めました。
結構耐えた方ではないでしょうか笑

5年の間に沢山の人が入っては辞めていき、最終的には一気に人が辞めることが決まり、営業は僕1人になる事が確定しました。
仕事内容としては、人材の紹介と人材派遣の営業マンで、お客さんと派遣スタッフの間をうまく取り持つ調整役と言った感じです。
調整役と聞こえはいいのですが、実際は派遣スタッフの突然の休みの対応や突然の退職、毎日不満や愚痴を聞いてガス抜きをしたりと、朝から夜までトラブルが多く、忙しい職業です。

人間をビジネスにしている事もあり、振り回される事が多く、人材派遣は業界的にも離職率は高いです。

僕が勤めていた会社は、業界でも離職率が高い職種にも関わらず会社の中身もかなりひどかったです。
何がひどいのかと言いますと、上司の言葉によるパワハラ、モラハラの嵐だったのです。

具体的には、グループラインなどでは他の従業員もいる中で、1人の社員を吊し上げジワジワと攻撃することが多く、特に売上が低い社員に対してはゴミだクズだ罵り、休みの日には毎週のように1時間~3時間の説教電話、挙句の果てに家族に対しても嫌味を言ってくる始末です。


そんな事もあり職員が残らないのです。
って当たり前ですよね笑


と、このような感じで酷い環境だったのです。
こんな環境で5年も辞められずにいたのがまさに僕です。

では早速、退職するために必要な事を見ていきましょう!!




退職する意思を周りに伝える事

友達や家族など身近な人に辞めると伝えましょう。
なぜかと言いますと、退職すると決めていても自分1人だと意思が揺らいでしまうからです。
僕がまさにそうだったからです。
人に話してしまえば、辞めると伝えてしまったから後には引けませんよね。
口に出してしまえば、不思議と自分の言葉を曲げないように意思が働きます。

引き留められる事を想定する

先に僕の話をすると、覚悟を決め退職の話をしても何度も何度も引き留められ、言いくるめられていました。(合計で5回以上は辞めると伝えていました)
なぜそういったことになるのかと言いますと、引き留められる事を考えていなかったからなのです。
2回目の時くらいから学習しろよ!!って思いますよね笑


あらかじめ引き留めに合うことを想定していれば、何の心配もありません。
引き留めにあったら話を聞く前に何を言われても退職しますと先に伝えるようにしよう!!!
など引き留めにあった時の対策を考えておきましょう。
ただし、引き留めてくる人は大抵が口がうまく、人の心をコントロール(洗脳)する事が得意なので無駄に話さないほうが絶対にいいです。

結論、何を言われても無理です!!辞めます!!を繰り返しオウムのように伝えるようにした方がいいです笑
無駄に考えて話す必要なんてありません。

根拠のない言葉は信じないようにする

ここで辞めたら今後の人生逃げ続ける事になるぞ!!
うちの会社で出来ないと言うことは他の会社でもできないから、できるようになるまで辞めないほうがいい。
お前なら頑張ればできると信じている!!
など全く根拠がない事を真剣に聞く必要はありません。
ここで辞めたら今後の人生逃げ続けるなんて、お前は預言者か?または未来から来た人ですか?となりますよね。(全部僕が言われたことです笑)

逃げてもいいじゃないですか!
出来なくてもいいじゃないですか!
貴方の人生の決定権は貴方にあります。
貴方が辞めたいと思うのであればそれが答えなんです。

僕が今やりたいことをやっててめちゃくちゃハッピーなので、絶対にブラック企業で勤めていて苦しんでいる人はすぐに退職する決意をしましょう。

退職したい事を誰かに伝え背中を押してもらう

特に心が許せる友達など家族にありのままを伝えてみましょう。
伝え方としては、退職を考えていて心細いから背中を押してと正直に伝えてみましょう。
必ず貴方の力になってくれますよ。
万が一、誰もいないよー( ノД`)と言う方がいれば、僕が代わりに背中を押しまくりますのでメッセージください笑

退職代行を使う

最近よく話聞きますよね。
よく退職代行は甘えだ!!退職の話は自分でやるものだと言う人がいます。
おそらくそうゆうことを言っている人は、同じ環境になっていないので気持ちがわからないんだと思います。
辞められないから退職代行を使うのであって、僕は使ってもいいんじゃないかなと思います。


僕は退職する際は自分で行いましたが、そんな他人の言っている事なんて気にする必要ないです。
それよりも辞められず無理に続けた結果、体を壊してしまう方がよっぽど辛いです。
健康第一が何より大事です!!!!

余談ですが、その当時のお客さん(社長)と雑談していた時に、退職代行で辞めたスタッフを訴えたと言っていました。
まだ終わってない状況でもあったため、結果までは聞けませんでしたが、シフトが入っている状態でいきなり退職代行から電話があり、今日から出勤できません!!辞めます!!と来たそうです。

その方がいきなり来なくなったせいで、会社として大きく損失が出たため、訴えることにしたそうです。
もしも退職代行を使用する際は、そのあたりもしっかりと確認したうえで使った方がいいことをオススメします。

精神病の診断を出してもらう

これは正直、最終手段です。
ちなみに僕はこれで辞めました。
精神科に行き、仕事の関係で鬱の症状がある!と伝えて貰えれば大体は鬱病の診断書を出してくれます。
僕もかなりまいっていて元気も全くなかったのですが、正直鬱病ではなかったと思います。
薬も出されなかったですし、仕事を辞めた後も1度も通院すらしていないです。

辞める為だけに鬱病の診断書を書いてもらった感じですね。
お医者様的には、その状態が続くと本当に鬱病になる可能性があるので普通に出してくれますよ。
治療期間などもこちらの要望に答えてくれるケースが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


まずは、何があっても辞めると言う覚悟を自分の中で決めることです。
何があってもですよ!!(くどい笑)
○○が辞めたら会社が潰れてしまう、潰れたらどうしてくれるの?とか言われても関係ないですからね!!

僕は、絶対に辞める!!と強い意思がなく5年の年月を過ごしました。
勿論、5年間全くの無駄ではなかったですし、成長させてもらった恩もあります。

ただ、もっと早く辞めることが出来れば、もっと早くハッピーになれたんだと知ると少し後悔してしまいます。

時間は有限でお金で時間を買うこともできません。

貴方の人生は貴方が主役です。

貴方らしく自由に生きてみてはいかがでしょうか。





コメント

タイトルとURLをコピーしました