ギネスブックにも載っている!?栄養価が一番高い野菜

料理情報

はい!!どうも!!!

最近は雨ばかりの悪天候で、僕の地域では野菜が少し高くなってきてます。

悪天候(猛暑も)だとどうしても野菜に影響が出て、値段が高騰してしまうのが嫌ですよねー。

海外産の物であれば、特に値段の変化がないのでいいのですが、生野菜だとどうしても国産になりますよね(日持ちしない物)

野菜は、食物繊維やビタミンなどを豊富に取れる為、食卓には並べたいのですが、あんまり高いと躊躇してしまいます。
そんなこともあり、今回は海外産で値段も変動があまりなく、栄養がある野菜についてお話していきます。

では、見ていきましょう。




栄養価が一番高い野菜

野菜界で栄養価の頂点にいるのが、森のバターとも呼ばれているアボカドです!!

ギネスブックにも認定されており、豊富な栄養素が含まれています。
■簡単な栄養素
ビタミン A,C,B,E,K
ミネラル
カリウム
葉酸
飽和脂肪
銅​
食物繊維
ナイアシン
カリウム
マグネシウム​
カルシウム
リン
亜鉛
マンガン
など沢山の栄養が入っています(まだまだありますがこれくらいにしておきます)
さすが、世界一と言われるだけある栄養素ですね。

アボカドを食べるメリット

・アルコールやニコチンなど有害物質の解毒作用を促進し、肝機能の低下を防止する

・アボカドを一緒に食べることにより、脂溶性栄養分(α-カロチン、β-カロチン、ルテイン、ビタミン A、D、E、K)などを体に吸収しやすくする

・高血圧予防

・アルツハイマー病の予防

・胎児の発育に欠かせない葉酸豊富

・貧血防止

・ビタミンB群が入っている為、疲労回復
砂糖がいっぱい入っている栄養ドリンクをやめて、アボカドに変えてみるのはいかがでしょうか。

また、アボカドの種も実は栄養が沢山あり、種1個でゴボウ1本分相当の食物繊維が含まれます。
細かく切って炒るとナッツのようになるので一度試してみるのをオススメします。

アボカドを食べるデメリット

それは、カロリーが高いのです!!!
優秀な食材だとは言え、アボカドばかり食べるのも体によくはありません。
アボカドの平均的なカロリーは、1つ250キロカロリーで脂質は21g以上あります。
そのため、1日一個以上のアボカドは食べ過ぎで、健康を気にして食べていたつもりが、返って太ってしまい逆効果になる事があるので注意してください。

また、人間には無害なアボカドですが、他の動物には猛毒の食べ物です。
栄養があるからとペットに与えないようにしてくださいね!!

詳しくはコチラで解説していますので、気になる方はご覧ください。

補足

アボカドはカットして酸素に触れると酸化が進み色が変色していきます。
正確には、ポリフェノールオキシダーゼという酵素と酸素が結びつくことによって酸化し、メラニン色素が作られて、茶色や黒に変色してしまうのです。

品質的には問題ないのですが、なんせ色が悪いと食欲が出ませんよね。

変色を防ぐにはレモン汁を振りかけるか、電子レンジで10秒から20秒加熱すれば変色を防ぐことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

醤油とワサビを付けるとトロの味になる?とってもおいしいアボカド。
悪天候でも値段の変化があまりない栄養豊富なアボカド。

積極的に食べてみてはいかがでしょうか。

ここまで読んでくださいましてありがとうございます。
毎日の食卓を楽しく!!ハッピーライフにしていきましょう(*´з`)




コメント

タイトルとURLをコピーしました