後片付けが嫌な人見てください!!料理の後片付けを楽にするための方法6選

料理情報

料理の後片付けって嫌ですよね( ノД`)

お腹いっぱいですぐに横になりたい気持ちがあっても、すぐに次の仕事(片付け)が待っています。

テーブルを拭いたり、お皿を洗ったり、キッチン周りを拭いたりとすっごく大変です。

今回は逃れることができない後片付けを楽にする方法をお伝えしていきます。

先にポイントをお伝えしますと

①こまめに洗い物をする

②ワンプレートのお皿にする

③1人ですべてやらない

④サランラップや新聞紙などを使う

⑤食洗器を使う

⑥使い捨て食器を使う

以上です。

では順番に解説していきますね。




①こまめに洗い物をする

調理中や、少し手が空いた時にこまめに洗い物をすることです。

一気に洗う方も多いと思いますが、ご飯を食べ終わった後、シンクに溜まった沢山の洗い物を見ると精神的にも嫌になってしまいますよね。

出来るだけ食後に洗い物を残さないようにしましょう。

②ワンプレートのお皿にする

仕切りがあるお皿にすることです。

こんな感じの物です!!

おかずに対して取り皿を使ったりすると、結構な数のお皿を使い洗い物が増えてしまいます。

洗い物が増えれば、その分水道代も上がるため、ワンプレートにすれば節約もでき洗い物も少なくなります。

ちなみに、プラスチック製の物だと油汚れが落ちにくいので、可能であれば陶器の物を選んだ方が洗い物は楽です。

③1人ですべてやらない

まずは家族やパートナーに協力してもらいましょう。

お子さんがいる家庭では、簡単な仕事を任せ(テーブルを拭いたり)大人には洗い物や、食べ終わった食器をシンクまで運ぶなど役割を分担してみましょう。

料理や片付けは貴方だけの仕事ではありません。

思い切って手伝ってと言ってみてください、きっと手伝ってくれますよ!!

また、旦那さんに洗い物を頼むとお皿が汚いから、結局自分がやらないといけないと思っている方も多いんではないでしょうか。

そんな時は、洗い物ありがとう!!でもここに洗い残しがあるからもう1回洗ってくれると助かるな❤と声をかけてあげてください。
決してうまく洗えてない!!!!しっかりやってよ!!!!もういい!!などは言わないでくださいね。

慣れないことをやって、うまくできるかはわかりません。

ですが、少なからず貴方の事を思い、考えてやっていることに感謝するようにしましょう。

④サランラップや新聞紙などを使う

後片付けで一番と言っていいほど厄介な揚げ物をやる際など、あらかじめ汚れるポイントにサランラップを貼り付けておき、床には新聞紙を引きましょう。

終わった後は捨てるだけなので面倒な拭き仕事がなくなります。

忙しい時に床まで拭かなくちゃいけないなんて、ほんと嫌になっちゃいますよね。

⑤食洗器を使う

濯いで入れるだけで、誰でも簡単に洗い物ができます。

メリットとしては、洗剤や水を触る機会が減るので手の荒れの軽減になります。

また、自動で洗い、乾燥までできますので食器を入れたらあとは放置でOKです。

めちゃくちゃ便利ですが、デメリットとして設置場所やコストもかかるので容易に購入できないのが難点です。

⑥使い捨て食器を使う

紙皿や割りばしを使い、使ったものはそのままポイです。

いつも使うことはコスト的に難しいかもしれませんが、どうしてもやる気が起きない日に活用してみてはどうでしょうか。

また、デザイン的にも豊富でおしゃれなお皿も沢山あるので、油汚れがひどい料理や臭いが付いたりする料理などに使ってみてはどうでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

後片付けをなくす方法はありません。

その為、いかに後片付けを楽にする方法を取り入れてみてはどうでしょう。

自分1人でやらなければいけないと思い込まず、みんなの力を借りて、嫌な事も乗り越えていきましょう。

ここまで読んでくださいましてありがとうございます。

毎日の食卓を楽しく!!ハッピーライフにしていきましょう(*´з`)




コメント

タイトルとURLをコピーしました