料理や食材の知識をつけよう!!役立つうんちく15選【食材編】

料理情報

知識はどんなにつけても無駄にはなりません。

何気なく食べている料理や食材について、もっと詳しく知ってみませんか?

中には食べ過ぎてしまうと体に毒だったというものもあります。

今回は、身近な料理や食材について詳しく解説していきます。

最後まで見てもらえれば、明日からみんなが知らないうんちくを語れるかもしれません。

ポップコーンの漢字

ポップコーンを漢字で書くと爆裂玉蜀黍(ばくれつとうもろこし)と言います。

アニメのキャラの必殺技みたいでかっこいいですよね。

ポップコーンを食べる際はぜひ爆裂玉蜀黍と呼んであげてください笑

青いトマト(未成熟)には毒がある

未成熟のトマトにはトマチンという毒素が多く含まれており、沢山食べてしまうと食中毒をおこします。(トマチンって名前かわいいですよね笑)

主に、頭痛・嘔吐・胃炎・下痢・食欲減退といった症状がみられ、物凄く食べると死に至ります。

家庭菜園などされている方は気を付けてください!!

※ただし、致死量としては3kgくらい食べないといけないので大丈夫かと思います。

ちなみに、接ぎ木をしたナスなどにもジャガイモの毒で知られるソラニンと言う毒があるので、家庭菜園の際はしっかりと確認をしたうえで育ててください。

バラ科の果実には毒がある

こちらも未成熟の際に毒素がある種類です。

さくらんぼ・すもも・びわ・梅・あんず・桃などです。

主に頭痛や嘔吐、めまいなどの症状が現れます。

また、中には死亡事故もあるとのことですので、未成熟の物は口に入れないようにしましょう。

※致死量は100~300個と半端ない数ですが、10個食べて体調が悪くなるなど人それぞれなので食べないようにしてください。

銀杏には毒がある

よく道に落ちているくさーいやつです。

アンチビタミンB6という物質がたくさん入っており、ビタミンB6欠乏症を引き起こします。

主に症状としては嘔吐と痙攣を引き起こし最悪の場合死に至ります。

お酒のつまみにも合い沢山食べられる銀杏ですが、目安としては1日大人は10個程度、 子どもの場合は5個以内にするようにしましょう。

※ちなみに致死量は個人差がものすごくありますが、子どもは7~150個、大人は40~300個と言われています。

ひじきには毒がある

微量ではありますがひじきにはヒ素が含まれています。

ヒ素中毒の主な症状は悪心・嘔吐・下痢・腹痛・全身性の痙攣で死に至ることもあります。

ただしご安心ください。

これまでにひじきを食べてヒ素中毒を起こした人はいないので、ほぼ無害といっていいでしょう。

また、ひじきにはたくさんの栄養やミネラルが含まれていますので、積極的に食べるようにした方がいい食材です!!
※致死量についてですが、乾燥時で7kg程です。
水で戻したら一体何㎏になるんでしょうか笑

カット野菜は薬品につけられている

主に消毒、殺菌の為に人体に影響がない薬品につけられています。
消毒などの工程を詳しく知ると、人体に影響がないと言われても食欲は出ないです笑

でも、まな板も包丁も使うことがないのでものすごく楽な商品ですよね。

時短料理などにはもってこいです!!

※気になる方は、カット野菜について詳しく見てみれば沢山情報が載っていますので確認ください。

生の海苔は消化に悪い

実は、生の海苔の成分を分解する酵素は日本人しか持っていないといわれています。

なので、日本人以外は生の海苔は消化に悪いものになってしまうのです。

※所説ありますが、日本人は飛鳥時代の頃から海苔を食べ続けていた為、消化できるようになったといわれています。

卵の色の違い

卵の色の違いは鶏の種類で決まります。

また、栄養素も変わらないので赤い殻の卵は栄養が沢山あるということもないのです。

サーモンと鮭の違い

焼き魚やフライなど、加熱調理をして食べるのが鮭と呼ばれ、刺し身など生で食べるのがサーモンになります。

小麦粉など粉物の常温保存でダニが増える

小麦粉やパン粉などは常温で放置をするとダニが繁殖します。
ダニが原因でアレルギーを発症することがあるので、しっかりと対策をするようにしましょう。

保存方法はジップロックなどに袋ごとしまい、冷蔵庫で保管すると繁殖を抑えられます。
また、冷蔵庫での保管で日持ちもするようになりますので一石二鳥ですね。
※ちなみにダニが増えてしまっても火を通せばいいと思うかもしれませんが、火を通しても関係なくアレルギー反応が出ますので注意してください。

キュウリは栄養が全くない

ギネスブックにも世界一栄養素が少ない野菜として掲載されているのがキュウリです。

96%は水でできているそうで、ダイエットには最適な食材ですね!!

はちみつは腐らない

ハチミツは糖度が高く水分が少なので腐りません。

また、腐る原因の微生物が繁殖できない環境なので、腐ったりカビが生えないのです。

ただし、ボツリヌス菌は生存しているので赤ちゃんには与えないように注意してください。

リンゴの品種を全て食べようとすると20年以上かかる

リンゴは7500種類以上あるため365日違う品種を食べ続けても、全てを食べ終わるまで20年かかります。

思っていたよりも沢山のリンゴの種類がある事に驚きですね!!

玉ねぎを切る時は目を覆うのではなく、鼻を塞がなければいけない

玉ねぎを切る時、目がウルウルしたり、涙が出てきますよね。

玉ねぎを切ると、硫化アリルという物質が鼻の奥にある刺激臭を感じる部分へ辿り着くことで涙が出てくるのです。

ゴーグルなどで目を覆うのではなく、鼻を塞がなければ対策にならないということです。

※お手軽なのが換気扇をつけながら切ると、涙対策になりますよ。

バターとマーガリンは別物

マーガリンは、精製した食用油脂に発酵乳や、粉乳・食塩・ビタミンなどを加え乳化し、香料をつけて練り合わせた加工食品になります。

バターの原料は牛乳になり、200gの1箱分のバターを作るのに、約4リットルもの牛乳が必要になり、原材料のコストが多くかかるバターは、マーガリンよりも高価になります。

似たような味ですが、原材料は全く違うのです!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

食べすぎてしまうとリスクがあったり、料理の話のネタにもなりうんちくって面白いですよね。

僕は、うんちくや雑学が大好きでいつも子供にうんちくを語っていたら、もううんちく聞きたくないといわれてしまいました( ノД`)
皆さんも、うんちくを語る際はほどほどにしておきましょう笑




コメント

タイトルとURLをコピーしました