料理上手は段取り上手 段取りの基本4選

料理情報

掃除、洗濯、料理、子育てなど毎日仕事以外でも仕事(家事)が沢山ではないでしょうか。

特に子供や旦那さんが帰ってきたり、お風呂に入ったりと夕飯時は戦争状態になりますよね。

そんな時、段取りをしっかりとしておけば思わぬトラブルが発生しても、バタバタすることがなく料理を作ることができます。

今回は、料理を作る際に最も大切な段取りについてまとめてみました。

最後まで見てもらえると嬉しいです!!

料理は段取りでほぼすべて決まる

段取り8分(ハチブ)仕事2分(ニブ)という言葉がありますが、料理にも当てはまる言葉です。

段取りさえしっかりと終わっていれば、あとの2割は炒める、煮る、蒸すなどの単純作業になりほぼ完成しているということです。

料理番組や手際がいい中華の料理人も、段取りがしっかりしているので手際よく次々と料理を作っていくことができるのです。

段取りのメリット

1.調理時間の短縮

2.単純調理なので、忙しいときなどは誰かに代わってもらうことができる

3.料理のうっかりミスを減らすことができる(時間がない場合など、焦って砂糖と塩を間違える等)
※一昨日僕は慌ててもいないのに、なぜか生クリームに塩入れてました笑

4.マルチタスクができるようになる
煮るだけであったりと単純作業だけになれば、子供の面倒や洗濯など同時にほかの事ができるようになる

5.出来立ての料理を出すことができる
一品一品材料を切って調味料を合わせてとやっているとどうしても、先にできた料理が冷めてしまいます

6.包丁、まな板、計量カップ、計量スプーンなどの洗い物が少なくなる

特に僕は夕方に忙しくなることが多く、イレギュラーなことが起こるのも夕方です。
子供の習い事の送迎、子供をお風呂に入れる、急な仕事の電話が入る、営業の方のインターホンがなる笑、猫のご飯早くくれ催促など予期せぬことが重なってバタバタしてしまいます。

その時にいつも、前もって段取りしていてよかったなと振り返ることが多いです。

段取りをすることのデメリット

1.まとまった時間が必要
食材を事前に切っておくことや、調味料を合わせておくことが必要になるので、品数にもよりますが時間がかかります。
慣れてこれば30分もかからず段取りができるようになっていきます。

2.冷蔵庫が一時的にカットした材料だらけになる
こちらも品数によりますが、カットした材料をボールに入れたりしていると結構場所を取ります。

3.切った後に酸化が進み変色する可能性がある
食材は酸素に触れると酸化していきます。
その為、カットしてから時間がたつと変色する可能性があります(リンゴなどは変色が特に早いです)
ただし半日も置いておかないので劇的に色が変わることはないので問題ではないです。
変色が気になる方は食材の変色を防ぐ方法など探してみてください!!

段取りその①(作る料理を明確に決める)

■作る料理を明確に決めておくことです!!

遅くても当日までには作る料理を決めておきましょう。

※僕は1週間~2週間分のメニューをスマホで管理して、被りがないことや同じ系統の味が続いていないかを確認しています。
まとめてメニューを考えるのが大変だと思うかもしれませんが、時間を取って一度に集中して献立を考えた方が早く決められます。
1日、1日こまめに考えると次々に雑務が入り、集中出来ず余計に時間がかかってしまいます。

空いた時間ができた時に一気に考えることをオススメします。

段取りその②(調味料を事前に作る)

事前にレシピがあればレシピに従い調味料を合わせて作っておくことです!!

後は入れるだけの状態を作っておくと誰でも簡単にできるということです。

段取りその③(食材を事前にカットする)

事前に使う食材を全て切っておくことです!!

作る料理の材料をすべて切り、料理ごとにボウルなどで分けて冷蔵庫にしまっておきます。

使うタイミングで取り出せば、痛むこともないので安心です。

また、ボウルやカットした食材には必ずラップをして乾燥しないようにしましょう。

段取りその④(シュミレーションをする)

調理に入る前に1度簡単にシュミレーションをすることです!!

シュミレーションをするかどうかはかなり差が出るので、どんな順番で作り、どの料理から食卓に並べるのかを簡単に想像しておいた方がいいでしょう。

この料理を作っているときにレンジを使えば効率よくできるな…..など作っていくうちにでも考えてチャレンジしていくと段々と慣れていき、沢山の事をやりながら効率よく調理ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レシピを決める→食材を事前にカット→調味料を作り→作る前にシュミレーションをすることで、料理にかかる時間の削減、イレギュラーなことにも対応可能になり、焦る気持ちもなく料理に時間を使うことができます。

是非参考にしてもらえればと思います。




コメント

タイトルとURLをコピーしました