木製まな板のメリット・デメリット

料理情報

こんにちは。

みなさん、まな板ってどんな材質の物を使っていますか??
おそらく、プラスチック系のまな板を使っている方が多いんではないでしょうか。

僕は、プラスチック系のまな板の買い替えタイミングで、思い切って木製のまな板に変えてみました。
木製のまな板は見た目がオシャレで写真を撮る時などもめちゃくちゃかっこよく見えます!!

今回は、僕が実際に木製のまな板を買って困ったことをお話していきます。
最初に結論からお伝えすると、僕は次回のまな板の買い替えではプラスチック系にします(*´Д`)

まな板の買い替えタイミングの方や、木製のまな板に憧れている方などは是非僕の体験談も参考にしてもらえればと思います。

まな板について

まな板はプラスチック製、ゴム製、木製の大まかに分けて3つの素材で作られています。
それぞれ、メリットデメリットがあるので、気になる方は以前にも、まな板の事について特徴をまとめたものがありますのでご覧ください。

まな板の雑菌で食中毒!?雑菌を増やさない方法6選

これだけは揃えた方がいい!!料理に必要な調理道具13選

木製まな板のメリット

・デザインがかっこいい
・重量があるのでまな板が安定する
・写真が映える
・食材を切る音が小さくいい音がする
・包丁の歯がつぶれにくく、切れ味が悪くなりにくい
・食材が滑らない
・抗菌効果がある

木製まな板のデメリット

・重い
・まな板が傷つきやすい
・漂白ができない
・木の臭いが食材につく
・値段が高い
・カビが生えやすい
・食材の臭いがまな板に付きやすい
・乾きにくい
・反りや歪みが出る

実際に使った感想

僕は木製のまな板を購入してまず初めに感じたことは、においです。

木の香りは嫌いではないのですが、少しにおいが強すぎると感じました。
購入する木の材質によっても違いはあるのですが、食材についてしまうほどの強い木のにおいがしました。
また、傷が付きやすく、気づいたら傷だらけのまな板になっていました。
実際に見てもらった方が早いと思うのでコチラをご覧ください↓

少し見にくいかもしれませんが、包丁の傷が無数にあるのが確認できないでしょうか。
少しアップにしてみましょう!!

どうでしょうか。
こうやってみると、かなりの傷があるのがわかります。

傷が多くあると、傷の中で菌が増殖してしまうこともあり、僕的にはまな板にあまり傷をつけたくないです。
また、滅菌の為の漂白剤も木製のまな板には使えないことが多く、消毒としては熱湯消毒のみとなり衛生面でも不安が残ります。

購入を迷われている方へ

僕は、単純にオシャレだからと言う理由で購入してしまったので使った後に後悔しましたが、明確な目的があって購入するのはいいと思います!!

例えば、写真用の時にだけ木製のまな板を使用したり、滑りやい食材の時に使用するなど購入前から使用目的を決めておいた方がいいです。
素材によっても値段はピンキリですが、決して安いものではないので初めて購入されるようであれば、最初はあまり高価なものは避けるようにした方がいいかもしれません( ;∀;)

また、適切な方法で保管しないとカビが生えたり、漂白できないことも考えると、日常的に使うまな板はどうしてもプラスチック系の方が僕は使い勝手がいいですと思っています。
(木製のまな板を使っている方、批判的な事ばっかりですいません( ノД`))

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コスパ重視の考えであれば、まず木製のまな板はオススメしません。
僕は、コスパ重視なので(じゃあ買うなよ!?なんて言わないで泣)次回からはプラスチック製のまな板を買うと思いますが、木製のまな板も見た目がすっごくオシャレなので、料理を楽しむためには購入してもいいかもしれません。

デメリットばかりをお話してしまいましたが、木製のまな板もメリットが沢山あります。
購入される前は、しっかりとメリット、デメリットを確認して自分に合ったまな板を購入するようにしましょう。

ここまで読んでくださいましてありがとうございます。
毎日の食卓を楽しく!!ハッピーライフにしていきましょう(*´з`)





コメント

タイトルとURLをコピーしました