無限ブロッコリーの茎

晩ご飯

お疲れ様です。

我が家ではブロッコリーの茎を食べます。

いきなりなんだよ!!と思うかもしれませんが、結構捨ててる人が多いと思ったので記事にしてみました。

実は栄養が茎の方が高いみたいですよ。

ビタミンC・カロテン・カリウムが多く含まれており、ビタミンCの量はレモンの2倍。

ブロッコリーの茎100gで1日分のビタミンCを摂ることができるみたいです。

そのほかにも、葉酸や食物繊維が豊富に含まれており貧血の予防や便秘の改善などにもいいそうです。

結論、栄養の為なら茎を食べる事!!です。

■レシピ

ブロッコリーの茎
3本
ツナ缶
1個
マヨネーズ
大さじ3
創味のつゆ(めんつゆでも代用可能)
大さじ2
※水分をしっかり切ってから調味料を入れてください。

■調理工程

①ブロッコリーの茎の皮をピーラーで適当に取る

②ブロッコリーの茎を食べやすいサイズに切る、厚さは3ミリくらいの方が食べやすいです。

③ボールに入れレンチン(600Wで3分~4分程)

④水気を取り調味料とツナ缶であえて完成

■注意ポイント

①水気が多いと味が薄まってくるので水気を取ること。

②調味料を入れると浸透圧の問題で、水分が出てしまうので和えた後も水気を取り味見してください。

③ビタミン系は熱に弱いので、レンチンのやりすぎはだめみたいです。

また、ブロッコリーの茎は結構日持ちするので、茎をラップでくるんで冷蔵庫に入れ、2本から3本に

なったら作るようにしています。

日持ちはしますが、だんだんと下の方が黒く変色していきますので、黒い部分はカットしてください。

ちなみに今回は、ピーマンが余っていたので一緒にレンチンして入れちゃいました。

今回は捨ててしまうもので1品作れるので、皆さんにもぜひ作ってもらえたらと思います。

では、また明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました